雑学戦隊 ミトコンダー

役に立たないけど、少しおりこうになるブログ?

運動はあらゆる病気の発症率を下げる「魔法の薬」

最近の様々な研究によって、運動は心臓発作、脳卒中、糖尿病、肥満、ガン、アルツハイマー病、ウツ病から身を守ってくれることが明らかになってきた。記憶力も増すし、早死にを防ぐ効果がどんな治療法よりも高い。そのうえ副作用はほとんどない。

背が低い女性がモテるのはなぜか?

約1万人の男女を対象にしたそのデータでは、彼らが42歳の時点で、男性は背が高いほど未婚&子供がいない確率が低かった。 しかし女性では、子供が一番多かったのは身長が151cm~158cmの集団だった。これは女性の平均身長162cmよりかなり低い。

被験者6人が次々に悶絶し倒れた!ロンドンで起こった臨床試験史上最悪の事故

薬の開発に臨床実験は欠かせない。薬を1つ開発するのに、1万人の臨床試験が行われる場合もある。臨床試験の参加者にはかなりの額の謝礼が支払われる。高額の謝礼を目当てに臨床実験を渡り歩く「プロの人間モルモット」の数は増えていて、その数はおよそ1万人…

X線で記念撮影したり、ラジウム入りのチョコレートや水が販売されたり~放射線の危険性が知られていなかった頃の怖い話

我々は放射線が極めて危険なものであることを知っている。しかし放射線が発見された当時、その危険性はほとんど知られていなかった。逆に放射線は健康に良いものと思われていて、様々な放射性物質が入った商品が発売された。ラジウム入りのチョコレート、ラ…

袴田事件の再審請求却下~真偽はDNA鑑定という科学の土俵に上げられた

東京高裁が袴田巌氏の再審請求を認めなかった。これにはほんと驚いた。 静岡地裁が再審決定の決め手としたDNA鑑定は「信用できない」というのがその理由だ。弁護側が依頼した本田克也教授(筑波大)が行ったDNA鑑定を、検察側が依頼した鈴木広一教授(大阪医…

病は気から?~プラセボ効果の逆バージョン「ノセボ効果」

ニセの薬を与えられたにもかかわらず、その薬が効いたように感じる、いわゆる「プラセボ効果」があることは様々な研究により実証されている。しかし「プラセボ効果」があるなら、その逆の効果もあるはずだ。ニセ薬を「副作用がある」と言われて飲むと、実際…

人類を絶滅寸前に追い込んだ、7万年前のトバ山の大噴火

ホモサピエンスは驚くほど遺伝的多様性が少ない。現在、生きているチンパンジーは約20万頭、ゴリラも同じぐらいだが、ホモサピエンスは70億人もいる。しかしチンパンジーやゴリラに比べ、ホモサピエンスの遺伝的多様性ははるかに低い。これは過去にホモサピ…

肛門と性器が近い(下付き)女性ほどオーガズムが得やすい!

女性の膣の位置で「上付き」「下付き」という言葉がある。「上付きだと正常位を好み、下付きだと後背位を好む」なんてことが通説として言われている。肛門と性器の距離は人によって違い、1.5センチから4.5センチの幅がある。1924年、ナルジャニ博士は「肛門…

子育ての違いは、子供の性格や行動になんら影響を与えない

巷には育児書なるものが溢れている。どうやって育てれば子供を立派な人間に、幸せな人間にできるかは、パパやママの重大な関心事だ。しかしひと口に「育児書」と言っても、その内容は千差万別だ。子供は優しく愛情たっぷりに育てた方がいいというものがあれ…

文字は人類史上、たった2回しか発明されなかった!

鳥は飛び方を本能的に知っている。人間にとって言葉を喋ることは、鳥が飛ぶのと同じように「本能的に知っている」もののようだ。言葉を喋らない部族はこれまで見つかっていないし、言葉を喋らない部族に言葉が広まっていったという記録もない。イギリスの植…

ホッキョクグマの肝臓を食べた人たちに異変が!?ビタミンA過剰摂取の恐怖

北極海を探検する人たちにとって、ホッキョクグマは脅威だった。ホッキョクグマは船乗りが上陸した先々ではぐれた人間を襲い、むさぼり喰った。ホッキョクグマはちょっとやそっとじゃ死ななかった。銃弾を6発受けても倒れず、よけい猛り狂って人間を引きちぎ…

ガテン系の人がコンビニ店員に好かれるのは、筋肉が発達しているから?

ガテン系、いわゆる肉体労働者の人は気さくで優しくて人気があるが、ダークスーツのサラリーマンは無愛想ですぐキレるからコンビニ店員たちに嫌われているそうだ。ガテン系の人がコンビニ店員に優しく、サラリーマンが厳しいのは、肉体労働の方がストレスが…

人種は存在しない、人種の優劣を語るヤツはレイシストである、という意見に関する私論

「人種は存在しない」という意見が最近、増えている。ホモサピエンスは過去に経験した人口激減により遺伝的な差はほとんどない(ボトルネック効果)。しかもアフリカ大陸の中だけでも、遺伝子の多様性はその他の全世界を合わせたよりも大きい。だから外見で…

女性の性欲を高め副作用もないスーパー媚薬があった!

セックスでオーガズムを経験したことのない、つまり「イケない」女性は結構多いようだ。過去、製薬会社はセックスライフを豊かにする薬の開発に取り組んできた。しかし男性対象の薬はバイアグラのような画期的なものがあるが、女性対象の薬は未だに開発され…

人間の子供とチンパンジーの知性の決定的な違い

動物の知能の研究は古くから科学者たちによって行われていて、今ではカラス、イルカ、ゾウ、イヌ、チンパンジー、ボノボといった動物は、簡単な道具を使ったり、鳴き声で会話したり、死んだ仲間を弔ったり、助けてくれた人間にお礼のプレゼントを運んだりす…

ネアンデルタール人がホモサピエンスの遺伝子を持っていない理由を考える

ネグロイド(黒人)以外の私たちホモサピエンスは、ネアンデルタール人の遺伝子を約2%持っている。しかしネアンデルタール人はホモサピエンスの遺伝子を持っていない。ネアンデルタール人からホモサピエンスへの遺伝子流動は起きたが、その逆は起きなかった…

親が受けたストレスが子孫に伝わる?エピジェネティクスの不思議な力

1卵生双生児はクローンなので、まったく同じ遺伝子を持っている。しかし2人の兄弟姉妹は全く同じではない。似てはいるが、外見も性格も微妙に違う。その理由は、遺伝子のオン・オフを調節する機能が働くからだ。そうした機能を「エピジェネティクス」と呼ぶ…

チンパンジーと人間の子を作ろうとしたイワノフの挑戦と、スターリンの野望

人間と動物のキメラ(ひとつの生物の中に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じった状態)を作ろうとする試みは、世界各国で議論を呼んでいる。しかし、この嫌悪感に満ちた試みを1920年代に実行しようとした人物がいた。ソビエト連邦の生物学者イリヤ・イワノビ…

意識は映画と同じように、数10ミリ秒毎~数100ミリ秒毎に静止画として認識されている

ドライブに出かけた時「行きより帰りの方が時間が早く感じた」という経験は誰にもあると思う。また「事故の瞬間がスローモーションに見えた」という経験をしたことがある人もいるだろう。 これらの時間の感覚の変化は気のせいではなく、脳が見たものを意識と…

中国人が損得に敏感なのも、中国で科学が発達しないのも、科挙のせい?

中国人のノーベル賞受賞者はほんとうに少ない。物理学賞、科学賞、医学・生理学賞といった科学技術分野の受賞者で、中国人はわずか5人。そのうち2人はアメリカ国籍で、2人は台湾国籍。中国国籍を持つのは2015年に医学・生理学賞を受賞した女性薬学者ト・ユウ…

無性生殖の方が効率良く子孫を増やせるのに、高等生物は有性生殖が圧倒的に多いのはなぜか?

有性生殖は無性生殖よりはるかに大変だ。まず、個体の半分をオスという「精子を注入する以外何の役に立たないもの」にする必要がある。オスにもメスにも生殖器を用意しなければならないし、そのオスとメスが出会うのも大変だ。メスを呼び寄せるためにピーヒ…

多夫一妻制における夫の遺伝子的損得勘定

「一夫多妻」という形態は動物の世界ではありふれたことだし、人間でも未開民族などではよくみられる。もちろん日本だって、法的には妻は一人だが複数の女性を実質的な妻として囲っている男は多い。でも「多夫一妻」というのはあまり聞いたことがない。 多夫…

平均IQ115、ノーベル賞受賞者を輩出するユダヤ人が賢い理由は、高い識字率とメンデル遺伝病だった

ユダヤ人は世界の人口の0.2%しかいないのにノーベル賞受賞者のうち22%も占めている。この結果は偶然では説明できず、ユダヤ人は他人種より賢いと考えるしかない。では、ユダヤ人はどうしてこんなに賢いのだろう? 東欧のアシュケナージと地中海地方のセフ…

人は自分が「見るはず」と思っているものを見、「見ないだろう」と思うものは見ない

人間は自分が常識と思っていることに関して違う事実に直面すると、事実を自分の常識に変えて認識してしまうことがある。先入観というやつだ。これは誰もが思い当たる節があることだと思うけど、それを実験により証明した人がいる。 科学史家のトーマス・クー…

ドーキンスも鬼突っ込み!?進化論を全否定するキリスト教原理主義者の豪華本「創造のアトラス」

アメリカのキリスト教原理主義者による進化論の否定には呆れるばかり。実質無宗教の日本人にとっては信じがたい話だが、キリスト教原理主義者にとっては大真面目なんだろうな。2004年の調査でも、なんと55%のアメリカ人が「神が人を創造した」と考えているそ…

信頼のホルモン「オキシトシン」には、攻撃的に作用するダークサイドがあった!!

女性の出産時と授乳時、愛する人とのスキンシップやセックス等で分泌されるホルモン・オキシトシン。他人を信頼し協調する作用があり、さらには自閉症の治療に有効かも?と今、注目されているホルモンだ。 しかしこのオキシトシンには、同胞ではない者に対し…

東アジア人は白人よりIQが高いのに、白人が世界の覇権を握った理由は、知的好奇心の差だった!

世界的な統一IQテストを実施すると、東アジア人105、白人100、南アジア人85、ラテンアメリカ人85、黒人80という結果が出る。想像してた以上に人種間の知能差はあるんだなぁ?というのが実感だ。

なぜ人間だけが、メスの方が着飾るのか?考えてみた。

鳥類はオスの方が圧倒的に美しい。メスに選ばれなければならないからだ。美しいオスは子育てを全くしない。逆に、夫婦協力して子育てをする鳥は、オスもメスも似たり寄ったりの外見をしている。さらに言うと、オスが子育てをしてメスは子育てを一切しない鳥…

カール・せーガンが想像した木星の巨大浮遊生物

TVシリーズ『コスモス』の司会進行、小説『コンタクト』『エデンの恐竜』の執筆など、多彩な活躍をみせる天文物理学者のカール・セーガン。彼の発想は夢があって面白いなぁといつも思う。そんなセーガンが想像した木星に住む奇想天外な生物が「シンカー」「…

少子高齢化が深刻な日本。子供を増やすには、国家が出生を管理するしかないんじゃないか?(近未来の話)

日本の人口減少が深刻だ。2065年の日本の総人口は8800万人とか。このままでは日本は老人だらけの終わった国になってしまう。 では、出生数を増やすにはどうすればいいか? 真っ先に思いつくのは、子供を生んだ親にお金をあげることだ。産んだら1千万円支給と…